スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥武蔵ウルトラマラソン完走記 スタート前


北向き地蔵がついに見えた。
あやうく見落とすところだった。
最後の上りもこれで終わりだ。あと一息。
そう思ったとたんに大粒の雨がついに降り出した。
スタートから6時間を過ぎたあたりから
ゴロゴロと雷の音が聞こえ始め
部分的にポツポツと雨を降らしていたけれど、
なんとか持ちそうだったけどそれももうここまで、
とはっきりと告げるように雨は一気に東南アジアのスコールのような大雨になった。
火照った体を冷やしてくれるのでちょうどいい、
というレベルではない。
足元は瞬く間に川のようになり、シューズにあっという間に浸水。
接地のたびにジャブジャブと音を立てる。

突然、太ももの付け根に激痛が走った。
どうやら気づかないうちに恒例の股ズレを起こしていたらしい。
傷口に雨水がしみこみ痛みだした。
幸いウエストポーチに絆創膏があるはず。立ち止まりたいところだけど、雨にぬれながらではできない次のエイドまではがんばろう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2007年8月5日、念願の奥武蔵ウルトラに初参加してきました。
完走直後の余韻、たまった仕事の忙しさなどに追われ
ちょっと時間があいてしまいましたが
ようやく完走記を書き始めてみようと思います。
奥武蔵ウルトラマラソンは全長75キロ。100kに比べるとやや距離は少ないものの高低差最大800メートル、終始アップダウンが続くという難コース。
ALPASで見るとこんな感じ。


GoogleEarthで見るともうコレもんである。


しかし、手作り感と遊び心をいつまでも忘れないという主催者側の意図を反映し、各エイドは2~3キロおき、
グレープフルーツ、オレンジ、スイカなどの各種フルーツは元よりウルトラには欠かせないコーラ、
目の覚める甘さのアイスコーヒー(コレうまかった)素麺、お汁粉など豊富なメニューで、アップダウンのつらさにアクセントをつけてやる気を継続させてくれるすばらしい大会だ。

この大会の存在は確か2年前から知っていた。
その当時はまだ走り始めたばかり。初フルに向けての練習中だったので山の中を75キロというのはまだまだ遠い先のことだと思っていた。
初フルの後、フルを2つこなし去年はRASCALさんあくびさんのブログを見るうちに
出ようかなーと思っていたが、スタート6時、前泊必須という条件に怯み参加を控える。
2007年の年初の目的で四万十川ウルトラ完走を目標に立てる
その際に奥武蔵は前哨戦として検討に入れていた。
しかし、諸般の事情により四万十川ウルトラの今年の参加は中止
奥武蔵の出場も微妙だったが、5月末にようやく出場を決意した。
走り始めてもうまもなく3年。
5月6月はこの3年でもっとも走れなかった時期。
奥武蔵が遠のく。
しかし7月はなんとか気持ちが戻ってきて
体に鞭打つように45、47、45キロ走を3回慣行。
走りながらずっと奥武蔵のことばかり考えていた。
地図を買い、コースを眺め、ああ奥武蔵、奥武蔵。
まってろこんにゃろーってな感じで。

職場では何度か休憩中に地図を見ながら
ニヤニヤしている私の姿が目撃されていると思う。
そうこうしているうちに7月は終わり8月に。

生きていて順調に行くことなんてない、
出場を決意してからの約3ヶ月、とにかく忙しくて色々あった。
でもスタートの毛呂山町の隣の鶴ヶ島市に親戚がいることもあり
嫁と子供達も応援しに来てくれることになった。

鶴ヶ島に親戚がいるならそこに泊まればいいのだが、
早朝にでかける足がないので、やっぱり私は普通に宿を取ることにした。
考えてみたら一人でどこかにお泊りするのは何年ぶりだろう・・・
えーとえーと結婚してからはねーな・・
というと6年ぶり以上か。

奥武蔵ウルトラ参加の為に前泊する人の為に
大会主催者側からは事前に参加の案内と共に指定の宿が
9箇所記載されたパンフレットを渡されている。
どれも手ごろなお値段の民宿系ばかりで助かる。
しかし、元々がバックパッカーなので
宿を予約する概念がすっぽり抜けていて直前になって、
あーやっとかないとなーと思ってあちこち電話するもどこも満室。

こりゃ初ウルトラはひさびさの野宿かしら
と思っていたら9箇所目でようやく宿を押さえられた。
当初は奥むさし旅館の予定だった。
が、前々日になってキャンセル待ちしていた会場から一番近い
鎌北湖レイクビューが空いたというのでそちらに振り替え。
来年以降の大会参加される方、
キャンセル待ちしておくとなんとかなりますよ。

そうこうして大会前日。
嫁子供と共に鶴ヶ島の親戚宅へ。
明日75k走る、というと親戚のおじさんは私の話を熱心に聴いてくれたりしたが挨拶もそこそこに14時頃に鶴ヶ島を出て、毛呂山総合公園を目指す。東毛呂の駅で大会の送迎バスを待ち、会場入りしたのが15時過ぎ。

出店も少なく意外とすることなく、知り合いの姿も見えずなので鎌北湖レイクビューまでの送迎バスに再び乗り換える。
会場から最も近い場所だけあってあっという間。5分ほどで到着。
鎌北湖は静かだ。


キャンセル待ちで取れた場所なので大部屋。
20人くらいかなー、こんな布団が敷き詰められているところで寝るのも久々。
バックパッカー時代は体育館みたいなというか野戦病院みたいなところで寝たこともあるしこれくらい平気。

というかなんだかようやくワクワク。さて嫁にメールするべ。
と思ったら携帯の電波が・・・・
鎌北湖は圏外でした。
たしか鎌北湖入り口あたりまではアンテナが立っていたように思えるので散歩がてら確認。
3分ほどで圏外エリアから脱出。
うーん。まあ別に嫁に一回連絡つけばいいや、と思いなおす。
(どうでもいいんですがワンセグはよく映りました)
1時間ほどの散歩を済ませ宿に戻りお風呂へ。
同じく初参加という真っ黒に焼けたランナーさんと雑談。
これでもまだ17時。

あー意外とやることねーしで晩御飯は18時。
同じ思いでいる人が多く、食堂の前でウロウロする人多数。
結局食事は段取りが悪く、19時頃になってようやく出てきた。
食後大部屋に戻るとすでに隣の方は寝ている!!

21時には寝ようかと思ったけど、
えーまだ20時前だぜーと思っていたが付近にコンビニもないし、
知り合いランナーもいないのと
前日までの寝不足もあったので隣の方にならい、
本を読みつつラジオ聞きつつ、ウトウト。
結局20時前に眠りに落ちた。こんなに早く寝たのいつ振りだろう・・・・
スポンサーサイト

tag : 奥武蔵ウルトラマラソン

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。