スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘロヘロの青梅高水山試走~さわらびの湯


3/25(火)のことですが
週末に、Jognoteでリンクしている皆さんが
やたらと高水山の試走に行かれていている記録を見て
我慢できずに行ってきちゃいました、高水山試走。
上って下って、叫んで、転んで、飛んで、迷って、
フラフラになって帰宅しました。
荒川市民マラソンの完走期がまだ書けてないのに順番逆ですが
4/6の青梅高水山トレイルランを楽しく走る為の抜きどころを抑えておくためにも
一日を振り返ってみます。
前日月曜は終日雨でしたが、夜から雨はやみ当日は快晴。
レースでもないのに朝4時起床。
しっかりおにぎり二個作って自宅5時40分出。
地元駅06:04出発~青梅7:06着。
永山公園スタートは7時半。
すでに各所にこのような案内があります。
大会事務局の皆さん、ご苦労様です。青梅の皆さんお騒がせします。



スタートしてまもなく左手に富士山が。
すぐ見えなくなっちゃいましたが、得した気分~



このコースは青梅丘陵ハイキングコース。
最初の3kくらいはなだらかな道でがっつり走れちゃいます。
タイムを狙う人は
最初も最後もここはちゃんと走っておきたいところです。



5k地点通過まではアップダウンはもちろんあるものの
走りやすいところが続きます。
で、5k地点ちょっと過ぎて35k地点と15k地点が分かれた道を
登りきって左へ。
ここから新コースの栗平地区へのアプローチ。
奥武蔵ほどではありませんが、えーこんなに下るの~ってくらい
一気に舗装路を下ります。
これは帰りはかなりしんどそう。
.なちゃぎり林道に加え、ここの往路復路をしっかり走れるかで
タイムが大きくかわりそうです。



KFCのHPでも紹介されていますが、栗平地区は民家3軒、と
自然農を営む賢治の学校があるのみの、のどかな場所。
ポカポカとした春の日差し、時が止まったかのよう、とはまさにこのこと。
なるほど、ここをわざわざ見せたくて30kコースが35に延びた、これなら許せます。
が、ただでさえ上り下りの激しい道が
このコースを加えたことによってさらに厳しくなってますが・・・





栗平地区はあっという間に抜けちゃいます。
でその裏山が竹林。
これもなんともいえないいい感じ。
かぐや姫でもいそうです。





しばし上り、関東ふれあいの道へ復帰。
この辺はしっかり案内版が出てました。



あーこんなとこ去年も通ったなぁ
と思ったらまったく同じ写真撮ってました。



名郷峠



で、この日の失敗はこの辺。
辛垣城跡から雷電山へいく途中で、まずくだりを一気に下ったときに
右足を捻ってしまいます。
つーか、グキっていう音が聞こえました。
やべ!やっちまったか・・・と思ったものの
足は痛くありません。
あーよかったって思っていたものの、ここでちょっと動揺したのか
ありえないコースミス。



同じミスする人がいると思いませんが、自分のために復習。



この二手に分かれている道を右に行くのが正解。
道しるべも雷電山はこちらと示しています。
黄色い矢印も出てるしね。



で、さらにいくとさらに左右に道が分かれていて、右手にこの案内。
こっちへいくの間違いです。
辛垣城跡にのは上りません。


が、上っちまいました。バカです。



で降りてまたこの道↓


さっき右だったからと左手へ。
えーここは二俣尾へのくだりの道でした。
ちょっと怪しいなと思ったのですが、
そのまま一気に線路が見えるところまで下ってしまいます。
あーバカバカ。

どうせなら二俣尾から軍畑方面まで平地を行ってから
高水山方面に上っていくという手もあったのですが
なんかくやしくて、下ったところを再度上る。
ったく何やってんだオレ・・・

1時間20分の後元の場所へ。



で、ここを↓右に行き、次の分岐を左。
これが正解。



↓ほら雷電山って書いてあるし。




あーもーなんだか疲れちゃって一気に集中力が切れちゃいました。
ってことで補給~




程なくして歩道が見えてきますが
ここは跨ぐだけで、すぐに山道へ。



ですぐにこの案内が。
往路と復路でルートが別れます。
ここも往路は新ルートですね。
とりあえず一番きつーいのぼりがある往路を今回は行きます。




ここは間違っても走ろうとか思わないほうがいいですね。
先々なちゃぎり林道とかで走れますので。



がんばってのぼると通称「見晴し台」へ到着。
たしかにいい景色です。





で、ようやくなちゃぎり林道へ
折り返しはもうすぐ。
でも結構長く感じます。



これが見えてきたら高水山本尊はすぐ。





あーようやくですー
はーもう前半に時間かかっちゃったよう~



到着~



トイレ、お参りをしてから高水山頂上へ。
ここでようやく食事休憩。
おにぎりを食べながらハイカーと談笑していると
意外にもSALOMONのXTトレイルを履いたランナーと一人遭遇。
ハイカーには一杯会ってましたが、平日なので
ランナーと会うとは思っていませんでした。
かなり速そうな感じで、かつイケメン。
アントラーズからサンガに移籍した柳沢敦をかっこよくした感じです。
しかも決定力もありそうです。
彼はこのコース初めてらしく、
色々コースのことを聞かれしばしお話したのち、
もと来た道を足早に去っていきました。
きっと本番レースでは上位に食い込むんだろうなぁ

さて、本来のコースは常福院で折り返しですが、
おにぎりを食べながら地図を見ていたら
元きた道を戻るより、棒の嶺~さわらびの湯コースを行くほうが
距離が短そうです。
せっかく荷物を全部背負ってきているので
また青梅に戻る必要はありません。
ってことで、改めて黒山方面へ。
道中何度か遭遇するハイカーと談笑。
もうほとんど走ってません。疲れちゃったんだよね。
くだりは特にメロメロでした。



岩茸石山からの眺め。
ハイカー集団30人くらいがいらっしゃいました。






権次入峠手前で昨年のTTR(Japan Cup・Tokyo Trail Run 100 )
のレース中に急性心不全で亡くなられた
高橋香さんの碑を発見。
そうか。ここで確か亡くなられたんだっけ。
生けた花はかなり新しそうです。ビールもおいてあります。
面識はありませんが、故人の無念さと仲間の方々の熱い想いに
しばし黙祷。食べる予定だったSOYJOYをお供えし
今後の山を無事走りきれることとお願いし、
ヘロヘロでないときの再開を約束しました。




権次入峠から棒の嶺はすぐですが、
疲れていたので、棒の嶺には寄らず
ここからそこから岩茸石経由で下界に下っていきます。




岩茸石では道が3方に分かれておりますが
真ん中の道を進み、河又へ。
でもホントは左の道を行き、
有馬ダム方面に行くほうが景色がよかったみたい。
あー今日はこんな日か・・・



ってことで河又についたのは14:50
7時半スタートですから7時間20分もかかってしまいました。
休憩時間とか入れると実質6時間半。
コースアウトしたのが1時間20分ほどですから、
それがなければ5時間ちょっとで28kほど。
栗平へ降りるルートがないとさらに4kくらい短縮されると思うので
このコース、今後また機会があったらチャレンジしたいです。




で、最後は温泉で~としめたかったのですが
約束帰宅の時刻15時を目前となっており
素直にバスに乗って飯能経由で帰りました。
かえすがえすもコースアウトの時間さえなければ・・・
まぁトレイル初心者の単独行動なんてこんなもんですかね。
色々鍛錬になった一日でありました。
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

tag : 青梅 青梅高水山トレイルラン

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2/17 冷たい雪上トレ乱歩 〈青梅~名栗〉

今週末はあの日とうってかわって〈春一番〉が吹いて大荒れの天気です。もし、一週ずれ

コメントの投稿

非公開コメント

1か月ほど前は、このコースがこんなでしたよ!ってことで、トラックバックさせていただきました。
 
高水トレイル、楽しんで走って、キャップもらってきてくださいね!祈健走!

moaiさん
さっそくのコメント&トラバありがとうございます!
ってひぇえええ1ヶ月前はこんなに雪が!!
今度は道に迷わず、再チャレンジしたいところです。
あ、ちなみに今年は参加賞はキャップではないんですよぅ~

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。