スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攣って候 青梅高水山トレイルラン


珍しく息子に起こされた。
「ねぇお父さん、恐竜キングはまだ?」
「あ~恐竜キングは7時からだろ、まだ6時半・・・ってえええええ!!」
てところから始まったこの日。
遅刻である。
つーか準備まったくしてません。
えーなんでこんなに寝てしまったんだろう。
昨日は21時前に子供達と一緒に布団に入った。
とにかく疲れていて眠かったので翌日の準備をすることなく
寝ちゃったのは確か。
でも4時起きだって7時間睡眠。5時だったら8時間だぜ。うひょ
起きてから準備で間に合うべ
と思っていたのです。目覚ましだって5時半に念のためセットしておいたのに。

ってことで速攻で準備。いそげぇ~
干してあったハイドレーションはどこどこ?
あー靴下靴下!
っていうかレース用のリュックがー
などと騒ぎながら30分で準備完了。
出発しようと思っていた時間からも30分遅れ。
思ったよりダメージは軽微でした。
でもこの遅れがこの日一日を決めてしまったようなものでしたが・・・・
前フリ長くてスイマセン。
4/6青梅高水山トレイルランの備忘録でございます。
35kの部に参加してきました。

えーそんなわけで会場に到着。
青梅駅で、みなみさんかずよしさんと合流。
とりあえず受け付けを済ますともう9時。
ああ、エアロビが始まってしまった。これはやっておきたかったなぁ
ゼッケンをつけたり準備しているうちにエアロビは終わってしまう。
振り返ってみるとこれが明暗をわけました。

今回はジョグノートのトイレルランコミュではじめまして、
の皆さんと多数合流。
みたけ山岳マラソンのおかわりランで奇妙な出会いをした
mgenさんとも再会です。


挨拶などしているとあっという間に時間です。
あーエアロビはもとよりまったくストレッチとか準備体操すらできてません。
でも狭い走路に尋常ではない人が群がっているので
いそいそとスタート20分前にならぶ。おこじょさん、くろさんとしばし談笑。
くろさんからは「今日の目標は?」
と聞かれるが「えーとがんばらないこと」
と答える。
前回同様ここでがんがりすぎてかすみがうらで走れないのもやだし
山はがんばりすぎず楽しみたいのです。
とは言え試走をしているので、この時点で
ある程度事前に展開を組み立てて望みました。
といっても、
・自分のペースで走れるようにするために
 渋滞をさけるべく最初はがんがる
・例によってがんばってダメージを負わないようにする。
を軸に、この上りは走ったほうがいいとか、ここは歩くべし
という細かな作戦でしたが。



で、いつの間にかスタート。
なんだか間の抜けた「ぶっ」という号砲で皆が爆笑
混雑しているので最初は歩き。スタートラインをきったのは1分後くらい。

で展開ははというと、
スタート直後からしばし走れる2本目の鉄塔まで
試走の時は15分だったのですが実際は18分。

こりゃダメだ・・・と思いつつも流れに身を任せます。
まだペースを落とすには周囲に人が多すぎます。
去年同様15kの部との分岐になる上りで渋滞が起きます。
ここで我先にと追い越そうとするランナーを
私の3人前にいる人が手を出し静止。
「狭い道では追い越し禁止だよ。トレイルレースではこういうところで
 ケガ人がでるからね。キミがよくても他の人に迷惑かかるからね」

あーそうだそうだ。ホントにそうだ。
とめられたランナーは息を弾ませながらもちょっと気まずそう。
ということで
「ここ上りきってしばらくして左に曲がったら
 すぐ道が広くなるんで走れるようになりますよ」
と説明してあげる。
やべ。なんかもっと気まずそう。
結局、この追い越しを静止していた方は3人止めていた。
そういえば去年はここで15kの先頭に追いつかれたけど、今回は大丈夫だったな。

で、しばらくして栗平へのくだり。
ガンガン行きます。行っちゃいます。あーいってやるともさ。
で下りきって給水。




ちょっと気を取り直して、写真でも撮ることにします。
ようやく人がばらけて自分のペースで走れるようになりました。



栗平地区は10日の間に春が本格的に来て、緑がまぶしい。




民家で取れたみかんのエイド


わずか3件の民家と自然農の理論を実践している「宮沢賢治の学校」のみの
栗平にこれだけの多くの人が来るのは一年でこの日だけかな。
お騒がせしてすいません。また来年もよろしく

栗平まで下った分、ここからまた一気に上りです。
裏の竹林を上り、しばらくするとハイキングロードに再び戻ります。
先日の試走時にさんざんな目にあった辛垣城跡近くの下りは慎重に降り、雷電山を越え
白石地区へ。
舗装路を一回またぐ手前でトップ選手が折り返してきます。
ここではこちらが下り、奥宮選手が上りだったのですが
こちらの下りより上りが早い!!
二位の選手はしばらく見えません。
数分後、舗装路を渡り白石の分岐点での給水所のところ近くで
ものすごい勢いで下ってくる選手が。ああ鏑木選手です。
やっぱりこの二人かー
はえーなー



この走りを見せられた後に往路と復路が分かれる分岐点の給水所。
ここからはなちゃぎり林道に出るまでは復路の選手とは会いません。


というかここからの上りが一番きつーい。



がんばれば見晴台。
ああ、ここまで自分としてはオーバーペースで着ちゃったから上ったら休もう。
というか写真撮りながらゆっくりいくべ。


で、ようやく見晴台。



「疲れちゃいましたよ」と係りの人に思わずぼやく。
さて、この時点で1時間40分ちょっとでした。
なんか順調すぎだなー
もっと楽しまないと。
と思いつつも、少しここから走りを増やします。
周囲もまだ早いランナーが多く、つらてたんでしょう。

なちゃぎり林道に出たところでkurisukeさんに遭遇。
ここで視界が一気に開け、復路の選手もどんどんやってきます。
両手両足にバッチリタトゥを入れているちょっと強面のランナーが歩いてましたが
「タトゥーかっくいいですね」というと笑顔を返してくれます。
この人とは復路でも会いました。
女子トップの櫻井さんなど有名人ともバシバシすれ違います。
というか速い女性が多いぃいぃ
そんな中ひときわ際立っていたのは70Lはあるアタックザックを背負ったランナー。
えーっと・・・
なんの主張なんでしょうか。あれ。ヘタな仮装なんかよりずっと目を引きます。
「すげぇ!それ何キロあるんですか?」
とすれ違いざまに聞くと「うーん8キロくらい?軽すぎてはねちゃうんだよね」
との返事。
すごい人を目撃してしまいました。
10日前の試走時にあった、決定力のある柳沢似の彼の姿なども探してみましたが
見つからず。でもなちゃぎり林道の往路では、さすがと思わせるような
速いランナーの姿をたくさん目撃できました。

で、自分はというとちょっとお休みモード。
走れなくない上りなのに、歩いては走りの繰り返し。
でも2時間は切れませんでたが、2時間4分で常福院に到着。



ここでがっつり、給水&塩分補給などなど。オレンジを4切れくらいいただきます。
水はハイドレーションに2L近く入れてましたが、暑さでいつなくなるかわからないので
しっかりこういうところではもらっておくことにします。
5分休憩の後、再スタート。
なちゃぎり林道に出る前にくろさんと遭遇。
速いじゃないですか。というかこの後いつの間にか抜かされちゃうわけですが。

常福院→なちゃぎり林道から白石地区の給水までは18分。
かなり一気に下ります。
去年は温存してペースを落とした下りも、なんだか勢いにまかせてがっつんがっつん行っちゃいます。
この区間では誰も抜かず、誰にも抜かれず。
というかまったく誰も見えません。
ああ、これがすべては我がふくらはぎちゃんに負担をかけていたわけですが。

白石地区の給水所では桜が七分咲き。
去年はまったくつぼみな状態。今年は早いそう。
給水所のおばちゃんたちとしばしお話。来年もよろしくお願いします
と挨拶してお別れ。





この後、自分にとって本日の山場~がやってきた。
どのあたりだったか記憶がさだかではない。
時計はスタートしてちょうど3時間をさしていた。
白石と栗平の間のどこか、だったと思う。
榎峠前後かな。
決して厳しい上りでもなく、下りでもなかったと思う。
左足を何かにひっかけて軽くつまずいた。コケてはいない。
が、その瞬間左足ふくらはぎに激痛!
続いて右足ふくらはぎにも激痛!!



ピキ━━━━(゜∀゜)━━━━ン!!
ぎゃあああああああああああああああ
つった!
つった!

左足攣ったら勢いで右足も攣った!!!
つったああああああ!
ぎゃああああああ
いでええええええええええええええええ

つうこんのいちげき!!!
モトチカは266のダメージ!!

モトチカはしびれている・・・

モトチカはしびれている・・・

モトチカはしびれている・・・

もんどりうちたいのをこらえうずくまっていると
ほどなくして別のランナーも同じ場所で攣ったらしくうずくまっている。
ってあれ?もう一人・・・同じような人が・・・

ランナー2があらわれた!
ランナー2もつっている!

ランナー3があらわれた!
ランナー3もつっている!



これはいったいなんだ?
なんで3人して同じ場所で攣ってる?
ここは攣りポイント?
でででででで、でもいでえええええ

モトチカはすこしうごけるようになった!

うぅぅ ホイミ ホイミ ホイミ ホイミ

ほどなくして同じくうずくまっている
ランナー3がバンテリンを差し出してきた

モトチカはCWXのロングタイツだからぬれない!!
ああああ

ランナー2、ランナー3はバンテリンの力で復活して去っていった・・・

結局5分くらいうずくまっていたが、少しずつ動き出してみる。
動かないのもまたよくないし。
振り返ってみると、やはりエアロビもせずアップもせず、それでいて
自分にとってはムリのかかるペースでふくらはぎの緊張は気づかないウチに
ピークに達していたのだろう
あああごめんなさい。ごめんなさい。必ず今度はエアロビやりますから。

ということでこの後は無残だった。
こんなことになるまではあらやだ、このままだと4時間きっちゃうかしら?おほほほ
というような気分だったが、恐る恐る歩き出し、少し歩いてはふくらはぎをのばし
を繰り返し、さらに10分後くらいから走り始める。
が、ふくらはぎがピリピリしてます。いつ何時同じように躓いたのをキッカケに
ピキーンとくるかわからない状態。
はっきり言ってここで戦意喪失でした。

しばらくして栗平に戻り、みかんを大量にいただきちょっと元気を取り戻します。
試走したときには絶対に走りきろうと思っていた、舗装路もちょっと走ったら
ふくらはぎに違和感を感じ。歩きます。
ああ、上ってみたら絶対に奥武蔵の上りより楽チンなはずで
ここでは一気に何人も抜き去る予定でした。
はぁ・・・頭の中ではドナドナが流れています。

まぁ仕方ありません。
最後の3kは走れる区間。そこまでに回復を待ちながらいくことにします。

この日最後に撮った写真。


で、往路で渋滞したあたりから走り出しました。
ふくらはぎが「まだがんばんのかよ」とピクピク震えていますが
なんとかなりそう。
やがて道はだんだん平坦に(でも若干下り)なり最後のがんばりどころです。
ああ、よかった最後のしめくくりでは走れました。

ラスト4kくらいで50人ほど抜き、ゴール。
4時間30分でした。
オールスポーツの写真を見たらとりあえず笑顔でした。


まぁよくやったかな、と思いましたが
今回ジョグノートのトレイルランコミュでご一緒した皆さんは
ほとんど戻っており、もう宴もまったりムード。
あー、参りました。皆さんお早い。
ってことでここでしばしはじめましての皆さんとご挨拶をしたりして
最後は河辺の梅の湯に移動し、汗を流しておしまい。

かすみがうら前の刺激としてはかなり濃いものとなりました。
試走時に痛めた右足くるぶしは大丈夫でしたが、今回の攣り地獄は
ある意味この右足をかばった結果あちこちに負荷がかかったのも原因かと。

トレイルでタイムを競うってのはまだまだ先の話ですね。
楽しくケガなく自分のペースで走ったり歩いたりが一番かなーと思ったのでした。
いいお勉強になりました
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

tag : 青梅高水山トレイルラン

コメントの投稿

非公開コメント

プププ・・・攣った場面で笑っちゃいました。
それはポケモンのパクリですね?
そりゃ~痛かったでしょう。
しかし、35kはやっぱり楽しそうだな。
と思うものの、自分には絶対無理。
来年も15kにしようと思いました。
お守りの写真が見たいです~。

>みなみさん
えーこ、こここれはドラクエ風に書いたつもりでして・・・
自分でネタばらしするのはなんかはずかしいのですが、それはそれは痛かったのです。

お守り・・・去年と同じなので・・・
今年は写真載せませんでした

ぎょぎょ、ドラクエでしたか・・。
ドラクエはやったことがありません。
お守り、来年は変わるといいですね。

私も攣り地獄で大笑いしました(私はドラクエわかるよ>みなみさん)。

モトチカさんの波乱万丈なトレイルランは、何だかとてもめちゃめちゃ大変そうなのに悲愴感が全然感じられません。なぜだろ。きっと楽しんでいらっしゃるからですね。私もそのうちトレイル報告しまっせー。

>みなみさん
お守りは10個集めるとキングお守りに交換してくれる、という噂を聞いたので来年また同じでも文句いわないようにしようと思います。

>京丸さん
自分なりにかなり大変なんですが
それでも確かにかなり楽しいのも事実であります。
平坦なところを走るのとはまったく違う景色とドラマがトレイルにはまっていますよー

>くろさん
どもです。
たしかにあれからまだ3ヶ月しかたってないんですねぇ
ドラクエネタにまた一人反応してくれてうれしいです。
ランナーになってからは実はドラクエから遠ざかっているんですが、
なぜかあの瞬間には思い出しました。
山以外で攣ったことないんですよ。
というかいつもふくらはぎにばかり負担がかかる走り方してるのが
山に行くと顕著に出るみたいです。

ゴマかー
そのまんまタップリでるくらい一度食ってみます♪

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。