スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第15回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kウルトラマラソン完走期】 スタート~58k 北相木村役場まで



前夜から降っている雨はスタートしても止む気配なし。
ざーざー降りではないものの、
周囲を見ても雨具着用率は80%強というところ。

スタートはかなり後方だったので、キロ7~8分の集団。
もう少し前でペースを作りたかったけど
まぁ道中長いし、いいやーということでゆっくり行く。
が、そこであまり見たくない光景が。

スタート直後からそこら中で立ちションするランナー多数。
そして、この光景はこの日一日付きまとうことになる。

たしかに寒かったし、スタート前のトイレは混雑していた。
でもまだこのあたりは町中というか人家があるところ。
レース案内にも「野辺山は高原野菜の産地。トイレでしようね」
と書いてあるのに、畑に向かってする輩が。ああ。

しばらくして重さん、まさん、りこさんと会う。
ああ手ブレしちゃった。すいません
みんないい笑顔です。


5kエイド


ここにトイレがあるのに
もうすでにトイレの脇で立ちションランナー多数。おいおい・・


日はすっかりのぼっているけど、周囲の状況はこんな感じ。
視界20mくらいかな。

すこし小雨になってきた。


JR最高地点。
ここで主催者の坂本さんの応援をもらう。
この雨の中わざわざすんません。

が、その後ろで立ちションするランナー・・・
ああもうそこら中という表現は間違いではない。
君たちいい大人だろが。トイレも我慢できないの人が100k走れるの?




10k手前。
林道に入る直前。
おそらく大会用ではない簡易トイレを発見。
実は自分も朝ちゃんと用をたせなかったのでトイレに行きたかった。
前に一人だけならんでいる人がいるので待つ。
待ち時間4分ほど。
しばらくすると後ろに5~6人の待ちが。
その光景を見て、立ちションするランナー・・・
腹を立てていてはこれから先持たないな。こりゃ。


レーススタート時は
アンダーアーマの半袖、アームウォーマーに
ロングTを重ね着しさらに途中で捨てられるように100円ショップで買った
雨具を着て出走。
ふつーの手袋にふるせさんから貰ったビニール手袋をして
雨対策もばっちりだったけど、さすがに暑くなってきたので
この待ち時間でロングTを脱ぐ。
が、しまったことに、ビニール手袋をトイレに落としてしまった。

トイレでは紙がないので小のみいたすことに。



ほどなくして林道開始。

トレイル区間、というけど
ただの砂利道ですな。
その分水はけが悪くてぐちょぐちょしてるけど
たしかに経験者に事前に聞いたとおり
トレイルシューズをはくような不正地じゃない。


10kエイド。
トイレ大渋滞中。
水とちょっとしたフルーツしかなく
「ねえ!温かい飲み物ないの?」とボランティアスタッフに詰め寄る
おじさんランナー。
「すいませんね。ないんですよ」と応えるスタッフに
「そのポットは何さ?くれないの?」とおじさん
「あら?何かしら。私も即席のスタッフだからよくわかんなくてね
 ごめんなさいね」
とナイスな切り替えし。
見る限りそのポットに注ぐものはなさそう。おっさんはお湯がのみたいのか
「あーもういいよ!(怒)」とおじさんは行ってしまった。
なんだかなぁ
立ちションといいなんか不愉快な光景ばかりだ。


トレイル区間はゆるやかな上りだけど渋滞走れず。
歩いたり小走りで進む。



どのエイドも混雑中。
トイレは入れない。
仕方ない。いけるとことまでがんがろう。
絶対にそこらで撒き散らさないぞ。と決意。




そこらで


かしこで


いたす人たち。
あ!ちょっと待て!その向こう側は川だろ!!
水源に向かってするな!このバカモノ!

この頃は正直言って再び雨風が強くなり
体が冷え始めてきて自分でもトイレに行きたいのと
勝手にそこらで撒き散らすランナーを見て、ちっとも走っていて楽しくなかった。
渋滞もあったし、少し前に行きたいと思って人をあいだをぬうように走る。



20kエイドで覚悟してトイレに並ぶ。
が、8分待っても列はちっとも進まず待ち人数9人。
トイレ3つ。
こりゃダメだとあきらめる。


ああなんかテンションさがるよぅ


とほどなくしてコース最高地点の看板が。
写真を撮るにも列ができていたのでテケトーにパチリ。


最高地点を過ぎたわけなのでここからは下り。
よし。ちょっくら飛ばすかー


そ~さんに声かけられた。
「ウルトラクイズ?出ようと思ったらウルトラマラソンに出ちゃいました。
仕方がないので最後まで走ります」
だって。
歴代のそ~さんの仮装にしてはややおとなしめでしたがやっぱり目立つなぁ



このエイドもトイレいっぱい。
ちょっと並んでみて動きをみたけどまったく動きがないのでパス。


「ああ~もうゴミ箱あるのに何で地面に捨てるんだよ~(怒)」
とあるランナーさんが自ら清掃にご協力。
よかった。こういう人もいるよね。
あたいもちょっと手伝う


いったん林道が途切れ舗装路に入るけど10分ほどで未舗装路に突入。


30kエイド

もう限界なので、覚悟を決めてここのトイレに並ぶことに。

20分の待ち時間の間に

ふるせさん


そ~さん


重さん
寒くないの!?

あとよりサンタさんにパスされていってしまった。


出すもの出して走る。
あーなんか落ちつかねー
心が狭いんだろうかオレ。集中しないと変なところでダメージ受けるぞ。
と思っていたけど
今振り返ればこの時点でお腹の調子はよくなかったと思う。


よりサンタさん捕捉。



長い~
下り区間。
先を考えると慎重に行く区間だったけど
その前のトイレ待ちで抜かしていった人たちに追いつきたくて
走る走る。


35kエイド。稲子湯。
ここのトイレは収容力があった模様。
あああと5k我慢すればよかったのか・・・


頭にきたぞう~
と雨具をベリベリ


おしるこ食って少し機嫌をなおす

ここから40kエイドまでは重さんと一緒に走る。
重さんはいつも激走やフルのレースを走る時は
全身で走るようなフォームなのだけど、このときは
力みのない実に軽やかな走り。
立ちションランナーに心乱されている自分と違い
余裕があり、レースを楽しんでいる感じ。

ああそうだそうだ。もっとリラックス。

このときはちょっと雨がやんで、初めて前方が見渡せるように。

この間40kエイドで雨具を捨てた。
一応普通のレインウェアももっていたけど
厚手なので結局着なかった。
これ、ある意味失敗だったかな。




42k八峰の湯エイド。
ここでトランジットの荷物を受け取る。
でもめんどくさくって着替えるのを結局やめる。
足湯もあったけど、それもめんどくせーと思ってやめる。
自分には途中で着替えとかそういうのは向いていないようだ。
秩父往還の時も143k、結局着替えなかったしね。
預けてあったスーパーVAAMを飲み、ロングTを預けて出発。
でも10分くらいはいたかも。


42k部のゴール。


ここからちょっと遠くを見渡せた。
さらに下りはまだまだ続く。



えくんちょさん
と知り合いになった。
キタタンやハセツネなどのトレイルレースでは有名人。
かばんもってるんるん走ってるのに意外においつけず
後続の男子ランナーのオーバーペースを誘っていた。
いつもこのスタイルなのはある意味感動。
よく見ると服はびっしょり水を吸って重そうだし。
手は真っ赤。
プロ意識を感じる・・・
なんのプロだかわかんないけど。


ようやく下りが終わり町中へ。
車道を走れず歩道を走る。


46kエイド。












50kエイドに到着。
手打ちそばが振舞われていたが、行列ができていたのでパス。




その代わり温かい味噌汁を貰う。
カップに入れてもらって飲みながら歩きだす。
ここまでで6時間24分。

だいぶ遅くなった。
当初の予定では途中なにかあっても6時間では来れるだろう、と思ったけど
道中トイレで40分くらい使ったのがやっぱり響いた。

それでもまだ足は痛いところなし。
心なしかちょっとお腹が気持ち悪いくらいで、少しは追い上げられるかな。
と思い出発。
この区間は平地なのでがんばらないと。
と思っていたものの、なんだか力が出ない。
ちょっとハンガーノック気味かな。
そーいやカーボショッツ取るの忘れてた、ということで
カーボショッツをちゅーちゅー飲みながら歩きを入れる。

あーいかんな。




ここから折り返し区間になる。
先行した仲間たちとも会えるからしっかり走ろう、と思うのだけど
どうもいまいち力がでない。
仕方ないゆるゆる走ろう。



そんなこんなで
うまっちさんに見つかり
「どーしたのー?」といわれる。
あ、いやトイレとか色々ありまして・・・
そ~さん、重さんにもパスされ
折り返しの58kエイド手前ではかおちんともすれ違う。







58kエイド 北相木村役場に到着。
ここで味噌汁をまた貰う。
ついでに塩がこんもりあったので追加で塩分補給を・・
と思い塩をなめた。

そのとたん突然吐き気に見舞われた。
ああ妊娠したことないけど悪阻(つわり)ってこういうのかしら、
というくらい急にこみ上げてきやがりました。
ああ、ずっと垂れ流さず来たのに
ここでぶちまけるのかオレ・・・・

と違った意味でも目の前が一瞬くらくなったが
しばし膝をついていると落ち着いてきた。
どうやら胃腸の調子がかなり悪いらしい。

ここのトランジットにも着替えを預けていたが
そのままで着替えずスタート。
天気だけでなく胃腸もかなり雲行きが怪しくなってきた。
足はぜんぜん平気なのに。
とにかくまだ長丁場、復活を信じて歩き出した。
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

tag : 野辺山ウルトラマラソン

コメントの投稿

非公開コメント

写真がたくさんで、ほんとに私もここにいるみたい。
女性はやりたくてもできないから、あらあらですんじゃうけど、
男性は、自分も我慢しているのにという気持ちになって、女性以上にイライラしてしまうかもしれませんね。
それにしても野辺山って、ウルトラなのに、普通のフルマラソンみたいな混みようですね。
そちらにびっくりしました。
脚がしっかりしているのに、胃の調子が悪くなったのは、悔しいですね。

あぁ~。。吐き気がするなんて、日頃胃が丈夫なだけに私的には一番辛い。モトチカさんきつかったね~(涙)
先が気になる~。。オロオロ~。。。

トイレは、譲りに譲ってどうしようもないならともかく、トイレのそばでわざわざしてる人がいるのがなんともだよね~(汗)

>とだひさん

胃腸および内臓はもともと強くないどころか平均的に見ても弱いほうだという自覚はあったんですけどね。
とりあえず時間内にゴールできたのでまぁよかったですが、これで完走できなかったらいろんな意味でいやな思いをしたかもしれません。

>かおちん
というわけでこの先の話、アップしました~
トイレの件、また別の機会に書けたら書こうと思ってますが、環境に、とかマナーとかモラルとか道徳とかそんなこと以前に、走るコースっていろんな人の想いがつまっている大切な場所、っていう意味でトイレ以外のところでたれながさないでほしい、と思うのであります。

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。