スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父往還夜間試走58k ミッドナイトラン2009

6月某日、こんな案内が。


今年もまたこの季節がやってきたのです。
そのレースの名は

雁坂峠越え秩父往還143k走

去年の年間スケジュールは基本的に成功だったと思うので
今年も去年と同様の時期に試走を、ということで
後半部分の58kの試走を今年もしてきました。



このレースコースの醍醐味は今回の試走より前の部分にあるのですが
肝となるのは夜間走となる後半秩父以降。
特に完全ライト要の区間となる正丸峠越えの走りと
そこで足を使わされた後の国道299号線
さらに道幅が狭くなる県道15号線、川越までの道のイメージをしっかり
本番同様夜間に走ることにより頭の中に焼き付けておくことが
重要となります。

今回はダメもとでジョグノート同好(同行)の士を募ると
あろうことか3名も仲間が加わりました。
それもこんな深夜走に好んで参加するわけですから
かなり変態クラスのウルトラランナーばかり。

簡単に書くと

payutaさん

24時完走で210k走っちゃう方。萩往還完走したばかり

テツランさん
さくら道に連続出場の方。今年ハセツネはアドベンチャーグリーンがかかってる。
それよか今年のスパルタスロン出場予定という大目標をお持ちの方。

重さん
先月の野辺山が初ウルトラ。その地で変態道開眼。
秋葉系最速も目指しているらしい



さて、前フリはこの辺にして当日のこと書きますが、
この日の前々日夜に母が倒れました。
と書くと大変なんですが、酔っ払ってフロでコケタ
というだけなんです。
とは言え一応頭を打ってるので夜中に病院にかけつけ
翌日精密検査まで付き合うという羽目になり
もうすでに前日の段階でヘロヘロでした。


で、当日。
職場から地元の駅に戻ったのが20時10分。
西武秩父に23時前に間に合うように電車に乗るためには
1時間後の21時7分に間に合わせなければいけない。
速攻家に帰り、支度→メシ→ダッシュで駅
・・・が目の前で電車は行ってしまった・・・

主催自ら遅刻確定の瞬間です。

夜西武秩父への電車の接続はとても悪くて
一本逃しただけで飯能で30分待たないといけません。

変態ランナーの大先輩達を待たせること30分。
遅れて23時18分西武秩父到着。


私以外3人は皆はじめましてなのにすでに挨拶はすませており
とりあえず出発前の記念撮影。

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃ぱゆた  テツラン  しげ   モトチカ 
  ┃HP:999 HP:999  HP:199  HP:245   
  ┃MP:999 MP:999 MP:230 MP:111
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ぱゆた がなかまにくわわった!                                  
 ┃テツランがなかまにくわわった!            
 ┃しげ  がなかまにくわわった!            
 ┃                        
 ┃モトチカはビビっている・・                
 ┃                        
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ちなみに
HP→→→ へんたいポイント 約2名計測不能により999と表示
MP→→→ マゾポイント   約2名計測不能により999と表示

のことです。
あしからず。


写真を撮ってくれた女子高生に「僕たちこれから川越まで走りマース」
と宣言しゆったりと出発であります。


西武秩父駅から140号線に出てすぐ熊木商店。
第5CPであります。



上野町交差点を右折し、299号線に入る。
最初のコンビニで補給。
ここから先もうコンビニはないと思ってましたが
もう少し先に1箇所セブンイレブンがあります。
その先コンビニは奥武蔵あじさい館手前のにampmがありますが
ここは23時まで。
その先は東吾野と武蔵横手の中間あたりまでありません。
23時にあじさい館のところまで行くのが時間的に厳しい場合、
コンビニで買っておきたいものはこの辺で買っておくといいでしょう。
アイスとか。



92k地点(試走時7k)
道の駅あしがくぼ。
キレイなトイレがあるのでホッとする。
自販機はこの先正丸峠を越えて正丸駅につくまでないので覚えておきたいところ。
去年レースの際はボランティアスタッフの方がここに立っていたので
なんとなく道の駅に入りづらかったのかスルーしている人が多かった。

ここで意外にもランナーと遭遇。
同じような格好をしていた。「どこまで?」と聞かれ
payutaさんが「川越まで。60kくらい」と応えると
「ふーん」と軽めのリアクション。
こんなところで遭遇するからにはやはりこの方も変態ランナーなのだ。
と悟る。

道の駅を出た後
意外なことに車から「がんばってくださ~い」と応援された。
一人だと明らかに警戒されるが集団だとどうやら好意的なようだ。

でも基本的に変な見られるのだけど。
 「あのこいつらなんだっていうみんなの視線がも~たまりません!」(爆)
と、重さん。


ここでテツランさんがターサーを履いていることに気がつく。
え!
「ボクはレースとかじゃないとだいたいこれですよ」
だそうです。
うーんマンダム。

重さんはGTNY。自分はサロマ9、としっかりウルトラ仕様。
payutaさんはゲルフェザー。まぁこれはなんとなくわかるかな。

このあとずっとpayutaさん、テツランさんの柔らかな走りを見ていると
こんくらい薄いシューズで走れるのも納得した次第ですが
走りがソフトだから薄いシューズなのか。
シューズが薄いから地面をけらないようにソフトに走るのか。。。

これひとつとっても色々学びの場になるのです。



去年の試走の時のレポートにも書いたけど
正丸トンネルの手前に赤谷トンネルなるところを通過する。
ここ、右手に抜ける小道もあり、正丸峠への道となんとなく似てるので注意したいところ。


ここが正丸トンネル入り口。
右手が青梅秩父線へのルート。
しばらくは街頭があるが、3kほど先途中から完全に闇夜に包まれるので
ライト必須区間。
逆に言うと他の国道沿いのルートはライトがなくてもなんとかなるが
車側からの視認性を高めるという意味でもライトはもっていたほうがいい。

ちなみに今回は4名の集団走ということもあり
この区間が一番楽しかった。
去年はマジで真っ暗で怖かったものの
4人分のライトがあると、明るい明るい。

でも写真で撮るとこんなんですが。



一人で小さなライト1個だと道がどちら側にカーブしているのかすら
直前まで見えません。ガスっちゃうし。

前回はここで車1台ともすれ違わなかったけど
鹿二頭と
今回は週末ということもあり、峠攻めの車6台を含む9台と遭遇。

人がいるはずもない、と思っているのか。
ガスった闇の中から現れたランナー4人に
すべてのドライバーがマジでビビっていた。
普段はランナーが車のライトに照らされてまぶしいのに
こちらのライトにまぶしそうにしていた。

ライトはPETZのTIKAちゃん単体の私装備が一番ライトで
他の皆さんはハンドライトを含め高機能ライトばかり。
LEDはこんな感じでガスっちゃうとぜんぜん見えないから
やっぱりハロゲンがいいとか。



左右に分かれる分岐点、左手に上ると正丸峠。
レースではここが100k地点。
上述の用にガスっているとこういう道の分岐が見えないが
実際のレースではこの分岐点がCP6のエイドなので、その点は安心。





ここで最初のちょっと長めの休憩。
一本満足バーと玄米ブランを食す。

暗闇になんか写ってる!
とかいう連絡はいりません。ホントに。

この日元気だったのはここまで。
この区間、上りより下りの方が圧倒的に長くダレる。
下りで一台の車が何度か峠攻めの練習なのか行ったり来たりしていた。
正丸峠を攻める車といえばイニシャルDのイメージなので
音だけけたたましいだけでさほどスピードが出てないので
なんかおとなしく感じた。

正丸峠を降りて国道に復帰が約105k地点(試走時20k)。
国道の明かりがまばゆい。

ここから2kほどで正丸駅


自販機で給水&トイレ。
テツランさんはパスしストレッチ。

正丸駅から西吾野駅までは3k弱だが
299号沿い唯一左手側に現れる駅の為見落とす。
第7cpであるロックガーデンカフェも同じく左手なので見落とす。

国道299沿いは夜間の為景色が単調で気持ちが切れやすいので
駅とかをランドマークとして気持ちを保ちたいところ。

正丸駅~西吾野駅~第7CPロックガーデンカフェ
ここまで3k
第7CPからは
23時までのampm~奥武蔵あじさい館を経て
西武線の高架を二回くぐって次の吾野駅までは約4k
(高架を過ぎたら1kほど。)


吾野駅はちょっと高台にあり、国道からも離れているので
寄っていくのはちょっと現実的ではない。
トイレ等はこの前のCPで済ませておくといいかも。


駅に行くにはここを右折。往復500mちょい。

自販機はここから数分先にある


もうこのあたりから前日までの疲れと
正丸峠を上りも下りもしっかり走った疲れで3人についていくのがやっと。

ここから次の東吾野駅までの区間が一番長く5.5k。
去年のレースではずっと歩いていたので遠かった。
今回の試走でもこの駅を見落としてしまったので
次の武蔵横手まで約9kがしんどかった。

信号があること、東吾野郵便局、市立病院があるところが東吾野駅。
ちょっとくらくてわかりづらいかも。

ここから1.5kくらいでひさびさのコンビニ


この日はここで4時。
アイス食ったりまったりしていると夜が明けた。
テツランさんはヨーグルトと豆乳



夜が明けると右手に高麗川の流れが見える。
国道299号線とももうすぐお別れ。



西武線の駅最後。武蔵横手。
奥武蔵を鍛錬の場とする自分としてはどの駅も馴染み深いが
ここの利用が一番多いかな。



「川越」の表示が。



第8CP久保交差点 124.5k地点(試走時39k)。
残り19k弱。
かなり足に来ていますが
この感覚がレース当時を思い出させる。
昨年のレースではこの辺で復活してきていたのけど
この日は逆にどんどん内臓にダメージが蓄積している感じ。
やたらとおならがでます。

補給はここからはまったく心配なくなります。
巾着田を経てしばらくすると道幅は狭くなり
299を走るより、側溝の上に蓋をした所や、盲人ブロックの上など
走る場所の路面状態が悪くなり、疲れている足にきつくなる。
何度か前を走っている重さんが遅れている私の存在を教えて
payutaさんとテツランさんが振り返ってくれる
ということがしばしば。

途中からテツランさんが併走してくれた。


この区間の注意ポイント

日高陸橋
この下を八高線が通ってる。
ちょうど始発らしき列車が走り出していた。

両サイドともに通りぬけ不可。
道路を横断して右車線側へ




中央道の下をくぐってすぐ


川越市、日高市の境の看板。ここで残り10k。


写真撮り損ねたけど関越くぐると残り6k


入間川にかかる初雁橋。
これで残り5k


ここではだいたい信号待ちになるので去年のレースでは
ここまでCP8からずっと走れていたのに、ここで足が止まってしまい
このあとはほぼ歩きになった。
そういう意味でも注意ポイント。

この橋を越えたらもうすぐ。
と思いたいところだけど、だんだん店が増え町らしくなりつつある途中で途切れる。
気持ちも途切れないようにしたい。


「靴」のでかい看板が見える東京靴流通センターを左手に見て
「今成」の交差点を過ぎたらところで最後の高架になっているところ。
ここ横断ポイントがないが右側に渡ると歩道がある。
これよく見えないので、去年試走時には気づかず
車の間を縫うようにしてこの高架を降りた。



歩道側を行くとすぐに右手側に下る道が見える。
ここを見落として車と同じ方向に行くと危ないし、距離もちと伸びる。
右手をくだるべし。
ここを見落としていったりきたりして毎年ぎりぎりタイムアウトしちゃう人がいるそうだ。


東武東上線の線路を渡る


突き当たりのマンションまで直進。
ここを左折するとすぐに商店街が見える。
ここを右に曲がる。
実はこの辺から去年のゴールのことを思い出しひそかに泣いていた。
この大会、自分にはそれだけ思い入れがあるんす。


この景色を見てから安心したい。
もうゴールまですぐ。



連雀町の交差点があるのはこのHARDOFFの先。
道路右側へわたっておこう。
連雀町の交差点から二つ目の右カドを曲がると
ゴールの湯遊ランド川越

この日は最後の最後で一本道を間違えてしまい感動のゴールとならなかったが
湯遊ランド川越、7時半までは早朝割引で525円。
これに間に合わないと1500円。なのでがんばった。
ゴールは7時2分だった。



県道に入ってからはかなりフラフラな走りで
こちらは終始汗だくで無言なのに、
他のみんなは笑顔で余裕。

主催者自ら遅刻した挙句に足引っ張ってしまったけど
去年の試走より30分早くゴールできた。
去年はかなり歩いたが、今年はまったく歩かずなので
もっと時間差があるようにも感じたし、ダメージも大きかったが
それでも走りきったいいイメージは残せた。


ゴール後、湯遊ランドのレストランは10時から
周辺もめぼしい食事どころが見つからず結局
ローカルな喫茶店のモーニングセットを食べた。
これは失敗。朝だから当然店が閉まっているのだ。
今年はレース後の食事会はないので
ゴール後何を食うか事前調査要である。

とにもかくにも徹夜走につきあってくれた皆さんに感謝!
汗だくのこちらに対し、ジャージ&手袋&ターサーのテツランさんの涼しい走りには
ただただ驚愕です。スパルタに出る人は違うなぁ
テツランさんはスパルタスロン本番まで東京~小田原間の夜間走を8回やるそうです。
むぅ


その他データまとめ
■コース
西武秩父~国道299号線~正丸峠~国道299号線~県道15号線~川越

■タイムライン
西武秩父       23:25
道の駅あしがくぼ   0:25
正丸トンネル     0:56
正丸峠        1:38
正丸駅        2:27
吾野        3:17
武蔵横手       4:27
久保交差点      4:43
日高市川越市境   5:51
初雁橋         6:31
湯遊ランド川越    7:01

■補給食等
 1本満足バー
 玄米ブラン
 ポカリ500ml、アクエリアス500ml
 途中自販機で 缶コーヒ1 アップルジュース1
 ヴィダーインゼリー

 ※喫茶店のモーニングセット580円

スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

tag : 雁坂峠越え秩父往還143km走 ラブ秩父

コメントの投稿

非公開コメント

HP,MPともにだいぶアップしたようですね!!

おつかれさまでした

練習お誘い頂きありがとうございました。
一人じゃ走りたくないコースでしたが、みなさんがいてくれたおかげで楽しい一時でした。
夜間走暴露しましたね(笑)引くに引けなくなりました・・・。

>かずよしさん

変態道にどうやら片足突っ込んでしまったよううなのでHPはだいぶあがりましたが、MPはまだまだです。

>テツランさん
豆乳にヨーグルト。
自分の中でどんな化学変化が起きるか今度試してみたいとひそかに思いました。
え?夜間走内緒だったんですか?
引くに引けないもなにもフツーにやるつもりだったんでしょ?やだなぁもー

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。