スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雁坂峠越え秩父往還143k走、完走報告


雁坂峠越え秩父往還143k走
無事ゴールしたことをまずは報告いたします。
過去にないくらいすばらしい晴天恵まれ
雁坂峠では美しく雄大な富士に声援をもらえました。

CP 距離   到着  出発
CP1 33.3k 09:43 09:49
CP2 42.0k 12:05 12:21
CP3 52.0k 14:13 14:21
CP4 67.5k 16:25 16:34
CP5 85.0k 18:44 18:50
CP6 99.5k 21:26 21:35
CP7 110.2k 23:08 23:22
CP8 124.6k 02:08 02:09
ゴール 143.0k 05:10

結果は
23時間10分14秒 73位

でした。






















かっ飛ばしたい誘惑を抑えながら、
トレイルをセーブしたおかげもあり、
CP5の秩父市街地まではペースダウンしつつも走れていました。


が、三峰口で武甲山を見て
いつもの奥武蔵で練習するときに武甲山=ラストスパート
というパブロフの犬状態の反応が出てしまい
ペースをここで極端にあげただけでなく、
浦山口からCP5までの直線では
「オレの小秩父を燃やせ」
と一人で盛り上がって
1kちょっとをキロ3分半くらいで飛ばしてしまった結果
足が終わってしまいました。



ある意味覚悟はしていたので、そこからはひたすら歩きで
復活を待ちました。
ちょうど正丸峠区間なので温存の意味でも歩きメインで行くつもりでした。



峠からの下りで走り降りてくる人を追いかけたいのを
ここでもぐっとこらえ、国道に下りてから久しぶりに走ります。
20k近く歩いていました。
ここからCP7までの5kはがっつり走れました。



しかし、ホントの地獄はここからでCP7を元気に出発して200mもしないうちに
右足に大激痛が走りました。

足の痛みでのた打ち回ったのは初めてです。
右足足底から外反部全体がつったようなねじられているような痛みです。
パニックになりかけながらも
エアサロンパス→マッサージをしても効果なし。
歩き出してみるものの接地をするたびに激痛でまったく進めません。
30分ほどそうこうしているうちに、
「置き鍼」なるものをもっていたことを思い出しました。
ピップエレキバンのような形で
読んで字のごとく鍼を貼り付けて置いておけるものです。

これのおかげで痛みが拡散され、歩けるようになりました。
1時間ほどしてなんとか速歩ができるところまで復活。
でもそれが限界でした。
走り出してみると、すぐに右足外反部がねじられるような痛みが走ります。
走ろうと思えば走れるかもしれませんが、
また先ほどのように30分身動きが取れなくなると万事休すです。

残り時間を見て、早歩きであれば時速6k、
なんとか制限時間に間に合うと思い、
いつ再起不能になるかわからない走りよりも歩きを選びました。
この選択は間違っていなかったと思います。
しかし、5k走れたとはいえ85k地点からずっと歩きです。
50kちょっとを歩きとおすのはかなり精神的につらかったです。
後続のランナーに抜かれるといつもなら
「あとで必ずさしちゃる」と思うのですが
今回ばかりはおいつけるわけもなく、
走り出したい衝動をおさえぐっとこらえます。
もはやランナーではなくウォーカーでした。

ランナーであればキロ7分でも35分で5キロです。
しかしヘロヘロウォーカーだと速歩でも50分、
少しでも気を抜くと1時間ちょっとかかってしまいます。
ドナドナモードになったら時速3kくらいまで行きそうなので
集中力は切らせません。
これがしんどかった。
自分の時間帯は前後にランナーがまったく見えず。
時々後続から追い上げてこられてもついていけないので
終始孤独。

しかし夜遅くにもかかわらず、
仲間から多くのメールが届き
なんとか気持ちを切らさずがんばれました。

最後1kちょっとになった時点で、もう大丈夫だろう、と思い
ランナーに戻り走りました。
ずきんずきんと一歩ごとに激痛が走ります。

時折去年の自分の足音が聞こえてくるような気もしましたが
終わってみれば去年より41分早く23時間10分でゴールでした。
去年と違いまだ夜は明け切っていませんでした。



今回も多くの仲間に支えられました。
メールをくれたみんな、ホントにありがとうございました。
合計130枚の写真を撮ったので
余力があれば後日詳細をまとめつつ発表をしようと思います。

またコース上や、前夜祭などで多くの人から
「ブログ見ました」「トモチカさんですか(←モトチカです)」
試走のレポート参考になりました。」
「プリントアウトしてもってきました。ホラ」
など多くのランナーから声をかけていただき
ブロガー冥利につきます。
178名の参加者のうちその数30名近くになり
このブログはどうやら雁坂においては高視聴率番組だということを
改めて自覚しました。

と同時に後半試走時の最後の方のレポートで不正確なところが
あったようにも思います(いまいち自信がない・・・)。
その点この場をかりてお詫びします。
また、今回乗せた写真で何名かの写真を許可なく載せております。
問題があるようでしたら削除いたしますのでご連絡ください。

信越五岳、佐渡一周などこの時期には魅力的なレースが他にもあり
永久ゼッケンをつけて一回走ったから来年はもういいかな。
と思う反面ものの、一度でいいから失敗なく最後まで走りきってみたい
という気持ちが今の方は強く感じます。
なにせ秩父を愛してますのでやっぱり来年も出ると思います。
来年はもう少し「コース中245番を見つけたら、ついていけば大丈夫」
と言えるようになりたい、と思います。

スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

tag : 雁坂峠越え秩父往還143km走 ラブ秩父

コメントの投稿

非公開コメント

今年もお疲れ様でした。
そっかあ、CP7には予定通り到着できたのに、その先でケガしちゃったんだ。
それでも諦めずにちゃんとゴールまで辿り着けたのはモトチカさんの精神力の強さだと思います。
こういう過酷な大会経験すると自然と強くなっちゃうんでしょうね。
他の大会に出てもその強さは活かされ、きっと多くのランナーの目標にされるようになるはず。
本当にお疲れ様でした。
また会えるのを楽しみにしているね~。

雁坂峠おつかれさまでした

アイスエイド?!でお会いしましたsamami111こと、まさみと申します。軽快に走っていた姿を見たのが最後だったので、こんなにつらいことになっていたなんて・・。それでもしっかり完走、とても強い方なんですね。
試走のブログ記事、ホントに参考になりました。ありがとうございました。そして、タイトル通り、雁坂峠を超えてからは背中を追いかけさせていただきました。感謝です!

勝手ながら、感謝のあまり、自身のブログにもモトチカさんのお名前を出させていただいたんですが、もし、不都合があればお知らせください。

女将さん
今年も最高のサポート、ありがとうございました。
CP7を出た後のアクシデントはあまりの激痛ぷりに、また戻ってリタイヤを宣言しようかと思いましたが、それじゃあまりにもかっこ悪いと思い、踏みとどまりました。
今も足はひどい状態ですが、あきらめなかったことで得た自信は最高の財産だと思います。
それも女将さんはじめ皆さんのサポートあってことです。
ホントにありがとうございました。


>まさみさん
コメントいただき感謝です。
下山後からCP8をすぎて芦ヶ久保あたりまでは前後してましたよね。
私の足はあそこで終わってしまいましたが、まさみさんは最後まで粘られたようで、その強さにただただ敬服します。
来年はもーすこし強くなりたいな、と思っております。
今後ともよろしくどーぞです。

昨年に続く偉業達成、お疲れさまでした~。私もフルで脚痛くなって後半歩いたことがありますが、143キロだとケタ外れに大変ですよね。強い心に感服であります。

ひゅ~ひゅ~

モトチカさん完走おつかれさまでした。先に寝ちゃってごめんね(笑)。いつかゆっくり完走話を聴きたいです。

>トボサカさん
ありがとうございます。
去年に続き得がたい経験をした、と思います。
歩いている時は不本意でしたが、今思うと逆に歩ききったことが誇りです。

>まっちさん
いやいや、ほんとにメールに元気付けられましたよ。ありがとうございました。
でもまっちさんから「もう寝る~」とメールきた時がまさに足の激痛でもんどり打ってたときだったんです(笑)

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。