スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト3kで大失速 青梅マラソン

今年も青梅マラソンを走ってきました。
結果から書くと惨敗です。
たぶん今までで一番ひどいハンガーノックを経験しました。
やっぱり練習は裏切らないというか練習してないからそれなりです。
結果がすべてですが、自戒の意味を込めて今回の敗因をまとめてみます。

青梅の自己ベストは去年の2時間3分34で、全然走っていなからこのタイムの
更新は厳しいのは明らかでした。
安全圏で抑えて走る、というのは自分の性格上無理です。
しかも大好きな青梅。撃沈覚悟で去年と同じペースでぶつかりました。

タイムはこんな。
3:59-4:05-4:10-4:14-4:05=20:34
4:08-4:19-4:10-4:04-4:14=20:59 41:33
4:19-4:25-4:21-4:18-4:22=21:49
4:11-4:15-4:12-4:11-4:11=21:02 42:51
-----8:58-4:17-4:19-4:36=22:11 
4:26-4:43-5:08-5:51-6:29=27:45 49:56

去年より10分後退。2時間13分15(手元タイム)でした。
序盤、とにかく渋滞に巻き込まれず、目標とする4分10前後のペースに
もっていく為にかなりはやいペースで入る。

最初の10k 41分33は去年よりちょっと遅い程度でまあまあ。
アップダウンの連続とかそういうことでなく
脚はこの時点ですでにどんよりと重い。

でも去年も折り返しちょっと手前になったら
身体が慣れてきたことを思い出し辛抱。

去年と違うのはいつもできている上りでのペースアップができないこと。
去年同様高速女子ランナーを追いかけるが、上りで近づき、下りで離される。
アップダウンの多いコースなので多少のロスは許容範囲だが、
折り返し前にすでに脚に無理がかかりはじめているな、という感じ。
折り返し後からはすれ違うランナーとたくさん声をかけあう。
アカレンジャーのネオスさんとはハイタッチ。

仲間からの援護をもらい、しんどいながらもここでは少しペースを上げることができ
ずっと追いかけていた高速女子の背中を捉える。
前年とは違う女子だが、やはり下りが早くて(自分が遅いだけ)
上りが遅いので、二俣尾手前の上りで一気に高速女子3名を捉える。

でもこのあたりで、故障癖のある左脚が右足の回転についていけなくなりはじめ
ひたすらペースダウンを要求するサインを送ってくる。
冗談ではない、ここからなのだ、と思い無理を強いると
重い脚に引きづられてか身体全体の意識がどんよりとしてくる。
ああ、これはガス欠のサインだ。とは思ったが、
20k過ぎた直後にペースを落とすのは早すぎるし、する気もない。


20ー21のラップを取り忘れて22k地点でタイムをみたら8:58。
ヤバイ、もう4:30ペースまで落ちてるよ!と
ここから本格的にもがき始めた。

思えば同じもがくにしてももっとちがったアプローチはあったと思う。
20-25が22分オーバー。この時点で1時間46分。
ベスト更新どころか2時間5分も厳しい。

でも1秒でも早くゴールしよう、と気を取り直すがさらにタイムは落ちる。
落ちたタイムも見て、もう闇雲にがんばろうとしたら
ついに闇雲に囚われた。

27k手前からもう身体の感覚がなく視界は暗くなり、
大声援すら遠くに聞こえる状態。
ああキタキタキタ。

もう脚の感覚はない。あとは腕振りで脚を動かすだけだろ、と思ったら
腕も痺れている状態。

ゴールはもうすぐだというのにどんどんペースが落ちている。
いや、落ちているという感覚はもうないけど、どんどん抜かれていくので
かろうじてわかる。

で、折り返し後すれ違った、ネオスさんにまず抜かれる。
「オレペースあげないから、あと2k休んで、ラスト1kであげて!」
と言われるが、まったく身体が動かない。
続いてアコさん、∴∵さんに抜かれ、
かずよしさんには「ついてきて!」と激を飛ばされるものの
ここでも反応できず。最後にしばぽちさん、ラストの直線で
いのけんさんにも刺され、最後の3kはなんと17分半もかかってゴール。

どんな大会でもラスト振り絞るのが自分の走りですが、
今回は残り3k前で完全に使いきってしまったようです。



ゴール後、しばらく動けませんでした。
かずよしさんから慰められ、なるなるさんには肩を貸してもらい
ノロノロと移動。なるなるさん、背が高くて肩かりれませんでしたがw
しばしへばってるとイ・ヌリさん、
動き出してからまさん、りこさん、ともちさんとみんなと顔をあわせ
言葉をかわしたのは覚えてますが、何を話したかマジで思い出せません。

今回はさまりすさん経由でオーリンゲンさんの紹介で
市立総合病院前の「なごみ」という居酒屋さんに荷物をおかせてもらっていたので
そのまま移動。というかそこまで戻るが、そこまでが遠い遠い。
すっかり冷え切って弱っていたところでもどってきたなーさんとミーパパさんに
いろいろ気遣ってもらい少し復活。

こんな一日でした。
今回のタイムは今の実力に相応した走り方をしていたらもっと楽に達成できていた
と思うけど、潰れてよかったと思います。
自分にとって青梅への思いはぶつけられました。納得して完敗です。
これで青梅の成績は1勝2敗1分 
今シーズンは手賀沼つくば新宿と続き4連敗。

負けるたびにスピードへの情熱が少し遠のき、超長距離へ想いがつのるのですが
まだまだタイムを追い求めることができる状態である以上
少しがくらい負けがかさんだところで長距離一本の道へ諦めるのは
走れないで苦しんでいる人達にたいして申し訳なく思います。
速く走れたらえらい、というわけではないですし
長い距離を走る時は1時間で6kとか7kしか走れない(歩けない)時もあるので
ゆっくり走るよさもかみしめながらも、
シーズン中はうまく仕事と両立して練習をまた増やしていこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

tag : 青梅マラソン

コメントの投稿

非公開コメント

やっちゃいましたね

すれ違ったのは気がついていたのですが、声をかけそこねました。
モトチカさんほどの実力の人がここまで落ちるなんて、さぞかしつらかったことでしょう。
まあ、これもマラソン、来年も青梅は逃げない、ぜひリベンジしてください。

>RASCALさん
はい。やっちまいました。
ガス欠に関しては今まで散々辛酸をなめさせられていたので、予兆も感じていましたし、対策のとりかたもわかっていたのに、です。

自分なりの青梅へ想いはぶつけられたと思いますが、ダメージは大きいですね。。簡単には勝たせてくれない、そんな気がしました。

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。