スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己記録更新!手賀沼マラソン報告

手賀沼マラソンに参加してきた。

東京シティロードレース以来半年振りのレース。
8801名参加というマンモス大会の為、スタートの号砲が鳴ってから
スタートゲートをくぐるまで5分ほどかかり、途中でトイレにいきなおす人がでる状態。
なので最初の1~2キロはかなりの混雑でゆっくりしたペースとなり
10分くらいしてから少しずつペースアップ。

距離表示が5キロ地点まで見つけられなかった(なかった?)のでそれまで
どのくらいのペースでいけているか、わからなかったがそれほど遅くなく
ペースよくこれているので27~8分かな、と思ったら以外にも25分03秒。
最初の遅れを考えるキロ5分を切るペースである。
足は軽いとは表現できないが、重くもない。

以前小出監督が「軽く仕上げる」とか「重く仕上げる」という表現をしていたことを
思い出し、走りこみ、最後の一週間の調整を経て
「重く仕上げ」たのだと思うことにする。

体感的に、このペースは維持できそうだ。
それから1キロごとに距離表示のラップを図ると
キロ4:50~5分ペースで11キロの地点まで維持できる。

10キロの段階で自己記録50分を切れるとは最初思っていなかったので、
このタイムが出せただけでもよくできたなあ、と思う。

11キロと12キロ地点の間の11.7キロ地点に距離表示があった為か
12キロ地点距離が見つけられず、気がついたら13キロ。
この段階で若干タイムが落ちていることに気がつく。
それと同時にほぼ平坦なコースの中の唯一といっていい軽いアップダウンが
13キロ地点過ぎにあり、この段階で5分7秒へ若干ペースダウン。

そのあとまでずっと痛みのなかった足に軽い違和感。
靴の中に小石が入っているような感じだ。
後でみたら右足親指のところにマメができていた。

キロ5分くらいのペースで走れると同じくらいのペースの人が多いのか
15キロ地点くらいまではほぼ同じような顔ぶれが前に出たり、後ろに下がったりを
繰り返していたが、このあたりから他人の目に見てもあきらかなオーバーペース気味の
人が姿を消していき、前方でもペースダウンをした人を抜く機会が増えてきた。

手賀沼マラソンはランナーズの全国ランニング大会100選で昨年は9位に選ばれた大会。

ランキングされている大会に出るのは初めてなので、何がよいのか参加した身で改めて
振り返ると、景色はそれほど「よい」と呼べるほどではないが
あまり途切れない沿道の応援。エイドの設置ポイント、応援音楽隊の設置場所などが
うまい具合に配置されており、非常によい走りをさせてもらえる「サポート」をもらえた
と思う。

15キロ地点でキロ5分17秒まで落ちたが、沿道の応援と、エイドのアミノバリューで
少しずつ盛り返す。
特に音楽隊の音楽はペースダウンしていた足に気合を入れるきっかけをもらった。

走行しているうちにゴール近くの折り返し地点の17キロを過ぎ、道幅が狭くなり
人の密度が高くなってきた。
ゴールまで4キロとなると沿道にずっと人がいる。
「パパがんばってー」という小さな子供の声が聞こえた。
ああ、あれがわが子なら・・・というかうちの子は沿道でじっと私が来るのを
待てねえだろうなあ、いくつになったら応援しにきてもらえるだろう
と思っていると、その子が「みんながんばってー」という声にぐっと来た。

大会に出るといいと思うのはこういう瞬間だ。
沿道の人たちの「がんばれ」は決して私だけに向けられたものではないだろうけど
走り続けて距離を踏んでくると、このどんどん「がんばれ」の言葉が輝き
重みをもって背中を押してくれるのだ。

そんなわけで17キロ地点から再びペースアップ。 4分49秒。
18キロ地点までが5分1秒と若干ペースダウンしたが
20キロ地点までは4:54秒。
あと1.1キロ弱。

さあ、いままで4:50~5分10秒前後でのイーブンペースを崩し
最後のラストスパート。
ここから何人抜けるか、数えるのを楽しみにしてたのだ。
18キロ地点でスパイダーマンの仮装ランナー、おかまの格好してお尻を出しながら
走っているランナーに追い抜かれてもペースを乱さないで我慢してた気持ちを一気に開放。

結局最後の1.1キロで100人以上抜いた。
80人までは数えていたが、ゴール手前になってから最後の力を振り絞ったので
数えられなかったが、10人くらいの集団を複数抜いたので100人は抜き去っていると思う。

気持ちよかった。
ゴールとかかれたがゲートをくぐり1時間44分28秒。ゴール!

・・・と思ったら目の前のランナーたちが走るのをやめていない。
あれ?と思ったらすぐ先にフィニッシュと書かれているところがあるではないか。
は!今のが21キロで残り96メートルがあったのか!
写真撮られていることを意識して、わざわざガッツポーズまでしてしまった。
ちょっと恥ずかしい。
気を取り直して、ゴール。あのままの勢いで走ってればあと10秒は縮められたと思うが
それでも1時間44分54秒。

目標も自己記録も更新できたので満足である。
しかし、「ゴール」って書いてあるあのゲート、紛らわしい。
あそこをゴールと思ってしまった人は他にもいるらしい。

各ラップの内容。

5km  25:03  25:03
6km  30:06  05:02
7km  34:58  04:52
8km  39:56  04:57
9km  44:49  04:53
10km 49:43  04:54
11km 54:37  04:53
12km --:--  --:-- 計測ポイント見落とし
13km 1:05:03 10:26
14km 1:10:11 05:07
15km 1:15:27 05:17
16km 1:20:40 05:13
17km 1:25:40 05:00
18km 1:30:30 04:49
19km 1:35:31 05:01
20km 1:40:25 04:54
21km 1:44:28 04:02 怒涛の100人抜き
ゴール 1:44:54 0:26



あんまり走るのは早くないのでいちいち何分で何キロ走ったというのは
いままでブログに書いてこなかったのですが、
今日はなんとなく誇らしいので書いてみました。

このペースだとフルは3時間半でいけるんだよなあ・・
という観測は甘いと思うのですが、残り21キロをキロ6分ずつで走っても
サブフォーは達成できそう。
来月のつくばマラソンになんだか自信が少し持てるようになってきた。
でも自惚れず、謙虚に明日もまた練習しよう。
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

tag : 手賀沼エコマラソン

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。