スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【川の道フットレース 2014 完走記】その3 CP7~CP9まで

その2からのつづき
ここまで

4/30
スタート  0km 葛西臨海公園 9:00
CP1 40.8km 埼玉県戸田市 彩湖畔AS 13:30
CP2 53.3km 埼玉県さいたま市 新上江橋東側 15:16
CP3 69.3km 埼玉県吉見町 桜堤公園入口AS 17:33
CP4 78.2km 埼玉県鴻巣市 大芦橋西側 18:59
CP5 90.4km 埼玉県熊谷市 警察署前交差点 21:50

5/1
CP6 112.2km 埼玉県寄居町 波久礼駅前T字路 2:01
CP7 133.5km 埼玉県秩父市 上野町交差点 6:41
(漫画喫茶6:45~9:45休憩含)


漫画喫茶で仮眠をとり
すっきりした頭で外に出たのが10時過ぎ。
外はすっかり日が高くなり、日差しもつよくなって地面もかわいている。
青空が美しい


過去二回わずか300mのロスを惜しんでよらなかった秩父神社、
今年はコース変更により、まさにコースの横にあるのでよらないわけにはいかない。


いつも身につけていて、ここまで運んできた
秩父神社のお守りを新しいお守りに交換。
ここで巫女さんに少しお話をしたら、昨日夜ゼッケンをつけた集団をみかけて
不思議に思っていたとのことで、事情を説明すると
とても美しい笑顔で応援してくれた。幸先いい。これだから秩父が好きだ。

秩父神社からほど近いセブンイレブンで朝食を買っていると3人組と遭遇。
これが後に後半戦、抜きつ抜かれつしながら引っ張ってもらうチームN島との出会いであったが
ここでは軽く挨拶だけでお別れ。


例年は140号線をひたすら進み、三国峠を目指すが、
今年は299号線をひたすら進み、志賀坂峠を目指す。


名所秩父橋



かなり派手な崩落箇所が見えた。なんかやばそうんですが。。。



と写真をパシャパシャ撮っていたらS沢が後方から。
S沢さんとはこの後、4日目まではほぼ同じペースで進むことになる。





このルートは一度志賀坂峠に至る前にも登って、降りる。






S沢さんとM田さん。
M田さんはマメに苦しんでいて、何度も処置のために立ち止まっていた。

この地点ではあまり気が付かなかったが、この後何度もマメの処置で苦しんでいる人を見かけることになる。
たしかに初日にあれだけ雨にずっと濡れていればマメもできるだろう。
幸い自分はマメができにくい足で助かった。



長い直線。
ここから志賀坂峠手前まではほぼ一本道。
遮るものがなく、日差しがきつく汗が一気に吹き出す。

スタート直後、涼しさにまかせ勢い良く飛び出し、そのまま不眠でここまで来て
睡魔とマメで苦しんでいる集団10人くらいを抜く。

道中地元の人から応援をもらう。
2月の雪害の話題から、札所のことまで地元ネタを炸裂し
秩父愛を伝えることにもしっかり。
まだ二日目。頭はしっかりしている。


埼玉県ラストコンビニ。
ここから70kくらいコンビニがないので皆買い込む。
アイスもしっかりいただく。

この辺りでもブレーキがかかっている人が多い。

志賀坂峠の上りに入れば日陰があるはずだが、それまでは日陰が少ない。
消耗しないよう意識する


「埼玉発症の地」
だそう。知ってました?
と後ろからくるランナーに声をかけるがかなりつらそうだ。
足取りがフラフラしている(後に志賀坂峠でリタイヤしたもよう)。


志賀坂峠手前で幸い、日がかげってきた。
チャンスなのでようやく走りだす。
ここまでほとんど走ってない。時速5~6Kペースで押してる。


ベテラン川の道ランナーも、かなりバテているが、
まだ秩父なので自分的にはホームの気分。
しかし、三国峠コースよりやっぱこっちの方がきついぞ。
と改めて思う。
三国峠までの例年のコースもこまどり荘までは確かに上りはあるが、志賀坂峠ほどではないし
まほーばへの上りも考えると大きなアップダウンの数が3つほど増えている。


ようやく志賀坂峠が見えた。
あのピークのちょっと向こう側が本日の山場。。。なはず。


ここからはエッチラオッチラ登る。
楽ではないが、歩きだし、惰性で登る限りそれほどしんどくはない。


ここですれ違ったのは大会最年少出場22歳のS藤くん
「ガス欠」を起こして苦しんでいる、とのこと。
個人的にこの若さで川の道にチャレンジすることに非常に興味を覚えたので
あれこれ質問。
どうも100Kレースの延長線のような印象をもっていたようで、
リアルにガス欠だそうだ。
ジャーニーランってのはそういうもんじゃないんだよ。とちょっと先輩ぶってみるが
その無謀さが眩しい。




だいぶ登ってきた。
次のカーブで、次こそ
なんとか思いながら秩父との別れを惜しむ。









CP8  168km 埼玉/群馬県境・志賀坂峠 16:58
ようやく志賀坂峠に到着。
りょういちさんはじめ、スタッフが待機してくれていた。
後方にまだ人が多くいることを説明。

ここでホームの秩父とはお別れ。



川の道初の群馬県。ここから長野県小海までは初の区間となる。
で、わかりきっていたことだが、ここから登ったぶんだけ、なが~い下り。


少し残雪がチラホラ


神流町では桜がお出迎え。






このあたりは恐竜のあしあとで知られる地域だ(知らなかったけど)。





長い下りが終わるころに日がくれかけてきた。

ようやく麓へ到着。
この下りで、股ずれはしていないが、ケツのワレめ周辺がズレていることがわかり
絆創膏や、ワセリンでの処置を繰り返す。
場所が場所なところをなんどタイツの中に手をぐっと入れ、すぐずれる絆創膏を治す
を繰り返す。
なんともはや。。。。

ガス欠だったS藤くんは下りでは軽快に降りていき、
またS沢に遭遇。
最初のレストポイントであるまほーばの森へ、すっかり暗くなった道中を二人して進むが
ほどなくして、気が付くと一人になっていた。

そして、あと2K
もう気持ち的には、メシ、フロ、寝る!
思い浮かんでいなかった中で、予想外の強敵が現れた。

激坂なのである。
あとすこしでまほーば、のはずがまったく前方に光は見えない。
ただでさえキツイ坂がさらにきつく、果てしなく感じる。
で、せいぜいあと30分だと思っていたところから一時間半かかる羽目に。。。

館山代表のほくそ笑む顔が見えるようでなんだか
初めて坂道で腹が立ってきた。

うおおおなんじゃこりゃああああと

絶叫するも何も見えん。。。
しばし心細い思いをしたら、前方に灯りが見え、話し声がしたので
ぐるぐるとライトをまわすが反応がない。
とはいえ「いやー参りましたよ~」
と声をかけると、別のキャンパーで苦笑いをされる。

ほどなくしてスタッフの誘導灯を発見。
たまりにたまっていたこの坂の不満をぶちまけようとするが
もうみんなに言われているのだろう、軽くスルーされた。。。。
まぁいい。ようやくついた。

CP9  182km 群馬県上野村「まほーばの森」20:49





カレーなどをいだだき、部屋に誘導される。
残念ながらこまどり荘のようにお風呂はなく、部屋のお風呂のみとのこと。
すでに同部屋には6名おり、すぐに風呂に入れたが、湯船がたまるのを待つのが惜しく
シャワーのみとした。
今夜は夜に寝られる。明日もおそらく同じ時間くらいには小諸についていられるだろう。
そう考えながらこのレース初のレストポイントで体を横たえた。
足元にザックを起き、少し足をあげるとビリビリしびれるような感覚が降りてくる。
その感覚を感じながら眠りについた。

ここまで

4/30
スタート  0km 葛西臨海公園 9:00
CP1 40.8km 埼玉県戸田市 彩湖畔AS 13:30
CP2 53.3km 埼玉県さいたま市 新上江橋東側 15:16
CP3 69.3km 埼玉県吉見町 桜堤公園入口AS 17:33
CP4 78.2km 埼玉県鴻巣市 大芦橋西側 18:59
CP5 90.4km 埼玉県熊谷市 警察署前交差点 21:50

5/1
CP6 112.2km 埼玉県寄居町 波久礼駅前T字路 2:01
CP7 133.5km 埼玉県秩父市 上野町交差点 6:41
(漫画喫茶6:45~9:45休憩含)
CP8 168.0km 埼玉/群馬県境・志賀坂峠 16:58
CP9 182.0km 群馬県上野村「まほーばの森」 20:49
(翌3時47出発)







つづく
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

tag : ラブ秩父 川の道

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。