スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニングクリニック

陸連主催のランニングクリニック
に参加してきた。
開催場所は国立競技場。
国立のフィールドで走れる、というだけでも結構楽しみにしていたが
あいにくの雨。
しかし参加者は定員いっぱいの200人。
1500円という参加費の安さも人を集めた理由であろう。
実施時間は13時~17時半と思いのほか長く

・講演会
・テーマ別実技
・テーマ別グループ相談会

という流れ。
講演会は東洋大学の川嶋伸次監督が1時間ほど。
今年の箱根駅伝で
シード権争いをしているとき
9位の日体大、10位の東洋大、11位の城西大の
監督は川嶋氏の同級生と後輩ということもあり
監督車で両監督に電話で「ひっぱれ」とか「ゆずれ」
ということを言い合ったというようなエピソードが披露され
ランナーに為になる話、という形ではなかったが
トップアスリートならではの話を聞かせてもらう。

テーマ別実技は
  テーマ(1)ランニング技術A(基本的な技術)
  テーマ(2)ランニング技術B(速く走るための技術・フラット走法)
  テーマ(3)トレーニングA(ペース走)
  テーマ(4)ウォーキング&ジョギング、LSD (初心者・初級)
  テーマ(5)初心者のランニング

となっており、私はランニング技術Bを選択。
このコースが参加者が多数の為4つのグループに分かれる。
「フラット走法の実技が濃い順にこちらから~」
というわかったようなわからないような説明をされ、
フラット走法も気になるけど、あんまり人が多いのもなあ~と思い
フラット走法の実技が2番目に薄いグループに。
20人ほど。
コーチは新日鉄君津の安田氏。
「えーわたくしもマラソンなど少々やっておりまして」
と非常に謙虚なご挨拶。
あとで知ったんですが、安田氏の自己ベストって2時間17分ほど
盲人ランナーの伴走などもされているらしい。
実技は雨の為、国立競技場の薄暗い回廊を利用して準備体操の後軽めの
ジョギングからスタート。
「今日これから言うことはすでに本や雑誌などでも見たことが多く真新しいことは
ないかもしれませんが」という前置きがあったように
二軸で走ること、腿あげの重要性を繰り返し行う。
でもプロの走りで具体的に実技はまさに百聞は一見にしかず。
頭でわかったことが体でわかったような感じであった。
実技の時間は1時間半ほど。
実は我々のグループが一番早く終わっていたらしく、次のプログラムに移るまで
結構暇だった。

最後のテーマ別グループ相談会は

  テーマ(1)ランニングフォーム
  テーマ(2)ステップアップのトレーニングA(フル;サブ3~3時間半レベル)
  テーマ(3)ステップアップのトレーニングB(フル;3時間半以降レベル)
  テーマ(4)初級レベルのランニング
  テーマ(5)大会に合わせる調整練習
  テーマ(6)女性のランニング
  テーマ(7)ランニング傷害(外科的)
  テーマ(8)疲労と体調不良(内科的)


となっており
まさに怪我している私は7のランニング障害を選択。
結論から言うとあまり為にならなかった
具体的に各相談者のランニング障害について説明してくれた先生は
何故そうなるのかという医学的なメカニズムは説明するが
具体的な改善方法が弱かった。
これならこの時間分実技を、とちょっと思った。

すべてのプログラムが終わったら終了証なる仰々しいものを渡された。
各プログラムの実技や相談会を担当してくれた人たちは非常にフランクな感じであったが
陸連という場だからなのか、なにやら権威的な匂いが最後まで抜けず
なんとなく客観的に見てもこの人よりこの人の方が立場が上、というような
雰囲気が見られた感じでちょっとしらけた感じではあった。
やっぱり実技を長くしてもらいたかったな、という印象。
ただ、これで1500円は悪くないと思う。
国立でという環境も申し分ない。雨さえ降らなければ。
また次回やるときは参加したいと思った。
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

※普段の練習の記録はジョグノートに記録してます
2011年のレース予定

1/30 館山若潮マラソン
2/20 青梅マラソン
2/27 東京マラソン

カウントダウン!
プロフィール

モトチカ

Author:モトチカ
雁坂永久ゼッケン 245番
川の道永久ゼッケン145番
それが私を示す記号であり誇り


2004年10月より走り始め
2005年11月に
初フル完走してから
当初は
3時間15分切りを目標としてきましたが
2008年のつくばで達成
その間にもその後にも
脱線してより長い距離を走ったりあーだこーだの日々
の中で秩父路を走る楽しさを覚え
秩父ばっかり走るランナーへ転向。
ロードのジャーニーラン専門に
なりつつあります


自己ベスト
513 129:42:00(14川の道フットレース)
265k 56:52:21(12川の道前半ハーフ)
143k 22:43:45(12秩父往還)
100k 11:13:58(11いわて銀河)
77k 7:36:39 (09奥武蔵ウルトラ)
フル  3:07:51(09/3/15 荒川)
30k   2:03:34(09/02/15 青梅)
ハーフ 1:25:36(08/10/26 手賀沼)
10k    39:38(08/05/11 @練習)
5k    18:25(09/02/11 西東京)

実は約60カ国をふらつき
キャリア7年目にして
日本に復帰した
元バックパッカー
だったりする。

ユーザータグ

ラブ秩父 雁坂峠越え秩父往還143km走 奥武蔵ウルトラマラソン トレイルラン 川の道 野辺山ウルトラマラソン 奥武蔵練 つくばマラソン 東京マラソン かすみがうらマラソン 青梅マラソン 所沢航空公園8時間耐久走 手賀沼エコマラソン みたけ山岳マラソン 荒川市民マラソン 青梅高水山トレイルラン 新宿シティハーフマラソン 旅ラン 西東京市ロードレース 館山若潮マラソン 川の道フットレース サヨナラ年の瀬マラソン 赤羽スマイルマラソン EKIDENカーニバル 所沢シティハーフ 湘南国際マラソン 上里町乾武マラソン 江戸川陸上競技場ナイター記録会 皇居駅伝 

最近の記事
最近のコメント
ランニングピープル
最近のトラックバック
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加大会完走期
カテゴリー
LINK+
RSSフィード
ランニング書籍


ブログ内検索
天気予報
ページランク
ページランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。